中学受験の場合、普通に勉強したのでは難関の壁は乗り越えられません。

中学受験における塾選びはクラス分けがあるところが良い

中学受験をする子供達を塾に通わせているケースが多くありますが、塾はどういう塾が良いのか?と悩む保護者が多くいるはずです。塾選びは本当に難しいのですが、1つポイントとしてあるのは、レベルによるクラス分けがあるかどうかです。

これは特に勉強がそこまで得意ではないお子さんが塾に通うケースで重視してもらいたいポイントになりますが、クラスがない塾というのはどうしてもある程度レベルの高い子に合わせた授業をしがちです。それはレベルの高い子にとって望ましい授業をした方が、そういう子が有名中学に合格してくれる可能性が上がり、塾の合格実績を高めてくれやすくなるからです。

塾の経営的にはその方が望ましいため、クラス分けがなくて、いろいろなレベルの生徒が混ざった中で授業をすると、レベルが相対的に低い子は分かりづらい授業を受けることになってしまいます。全ての塾がそういう風になっているわけではないのですが、リスクがあるということです。

勉強が得意でない子を塾に入れる場合には、やはりクラス分けがしてあって、レベルに応じた授業を受けて、少しずつ学力を上げていくというやり方の方が賢明だと思います。中学受験の塾を選ぶときには、特に気をつけてほしい点になります。